2002.11.04 (月) 10:17:49 <u*j*2*6*> たしかに簡単!>Indent.rar
2002.11.09 (土) 15:33:51 <Alan Smithee> 単一ファイルの差分をとるときに、なぜ "r" オプションをつける?
2002.11.09 (土) 19:21:35 <u*j*2*6*> ↑深い意味はないとおもう。-rはrecurse(再帰)の略だったかな?
2003.01.11 (土) 16:58:25 <Heracules> Indentツール更新しましたw
2003.01.13 (月) 02:01:52 <u*j*2*6*> frmファイルだけはりつけてみた
2003.01.17 (金) 21:15:17 <Heracules> rar内に同梱してあるけどねw
2003.05.31 (土) 04:01:25 <Heracules> 忘れてましたが、改行コード「CrLf?」のみの対応ですのでご注意ください(diffで使う場合には--dosを付け忘れないようにしてくださいw
2003.05.31 (土) 04:04:55 <Heracules> 改行コードをCrLf?にCrのみ(Mac)やLfのみ(UNIX)から変換する機構を追加しようと思います
2003.06.10 (火) 11:32:09 <Conan> 修正パッチを当てる方法を具体的に教えて下さい。
2003.06.10 (火) 11:34:37 <Conan> shuusei24163.zipの中のshuusei24163.patchをpatch.exe shuusei24163.patchとしても出来ません。
2003.06.10 (火) 11:59:24 <Conan> 修正パッチを当てる方法を具体的に教えて下さい。
2003.06.11 (水) 01:11:34 <Heracules> shuusei24163なら、24162までが当たっているソースを用意し
2003.06.11 (水) 01:11:57 <Heracules> 同じフォルダにshuusei24163.patchのファイルとpatch.exeを投入
2003.06.11 (水) 01:12:12 <Heracules> patch <shuusei24163.patch
2003.06.11 (水) 01:12:34 <Heracules> で当たるはずです(たぶん「<」が抜けてるためかと)
2004.01.18 (日) 12:42:49 <karubin> すいませんソースはどこで当たっていると分かりますか?
2004.01.18 (日) 14:40:16 <u*j*2*6*> 手元のファイルがどのshuuseiまで当てたソースかを知りたいっていうことですか?
2004.01.18 (日) 14:44:17 <u*j*2*6*> 手元にあるのはsn241b108jxxx.zipという名前のアーカイブのsrcフォルダに入っているソースのはずです。
2004.01.18 (日) 14:45:13 <u*j*2*6*> この「xxx」がshuusei番号で、shuusei241xxx.patchまで適用済みのソースとほぼおなじです。
2005.02.17 (木) 20:09:47 <masa> slabanapの日本語化がどうしてもできません(T_T)よかったらどなたか教えていただけないでしょうか?用意するソフト・パチなどなど・・・

diff.exeは、2つのファイル(フォルダ)を比較して、違いを出力するプログラムです。
SlavaDevのパッチは、diff.exeを使用して作られています。patch.exeを使用することにより自動でパッチを当てられるようになります。パッチファイルをソースと同じフォルダに保存して、コマンドを実行します。

[書式]
patch <[パッチファイル名]

diff.exeを使用してパッチを作る場合、次のようにコマンドを実行します。

[書式]
diff --dos -urN [変更前ファイル] [変更後ファイル]

例をあげるとすれば、

diff --dos -urN 21170/handler.pas 21171/handler.pas

みたいな感じです。


パッチを書いてにここにアップするときに半角スペースをいちいち入れるのがめんどくさい!という人用にVBでいいかげんなプログラムを組んでみました。txtファイルをドラッグ&ドロップしてやると、自動でインデントを全行に半角スペースひとつぶん入れるだけのソフトです。面倒&時間の関係でVBで10分程度で組んだものです。ランタイム必須(別途OCXは必要なし)(by Heracules)

【2003-01-11更新】
複数ファイルのドラッグ&ドロップ一括処理に対応(v1.1)

VERSION 5.00
Begin VB.Form frmMain 
   BorderStyle     =   0  'なし
   ClientHeight    =   3600
   ClientLeft      =   0
   ClientTop       =   0
   ClientWidth     =   4800
   LinkTopic       =   "Form1"
   ScaleHeight     =   3600
   ScaleWidth      =   4800
   ShowInTaskbar   =   0   'False
   StartUpPosition =   3  'Windows の既定値
End
Attribute VB_Name = "frmMain"
Attribute VB_GlobalNameSpace = False
Attribute VB_Creatable = False
Attribute VB_PredeclaredId = True
Attribute VB_Exposed = False
Private Sub Form_Load()
    Dim ComOp As String, OpenFile As String
    Dim spcPos As Integer
    ComOp = Command
    Do Until Len(ComOp) = 0
        If Left(ComOp, 1) = " " Then
            ComOp = Right(ComOp, Len(ComOp) - 1)
        Else
            If Left(ComOp, 1) = """" Then
                OpenFile = Mid(ComOp, 2, InStr(2, ComOp, """") - 2)
                spcPos = InStr(Len(OpenFile) + 2, ComOp, " ")
            Else
                spcPos = InStr(1, ComOp, " ")
                If spcPos = 0 Then
                    OpenFile = ComOp
                Else
                    OpenFile = Left(ComOp, spcPos - 1)
                End If
            End If
            FileOpen OpenFile
            If spcPos <> 0 Then
                ComOp = Right(ComOp, Len(ComOp) - spcPos)
            Else
                ComOp = ""
            End If
        End If
    Loop
    End
End Sub

Private Sub FileOpen(OpenFile As String)
    Dim strData As String
    Open OpenFile For Input As #1
    Open App.Path & "\tmp.txt" For Append As #2
        Do While Not EOF(1)
            Line Input #1, strData
            strData = " " & strData
            Print #2, strData
        Loop
    Close
    Kill OpenFile
    FileCopy App.Path & "\tmp.txt", OpenFile
    Kill App.Path & "\tmp.txt"
End Sub