OpenNap-NG Reference Manual


OpenNap-NG リファレンスマニュアル (エキサイト翻訳風)

Version 0.45

kaenguru@users.sourceforge.net
日本語訳:usj12262@hotmail.com
おかしなところがあったらおしえてください
2002.08.23 翻訳開始
2002.08.23 flood_commandsの訳が意味不明
2002.08.23 file_count_thresholdの訳が意味不明
2002.08.23 no_mod_annoyingの訳が意味不明
2002.08.24 翻訳完了。v1.14j1

Table of Contents
目次

Introduction
イントロダクション

Napster is a distributed file sharing service which allows users to transfer files directly between their clients. A centralized server keeps track of all available files and provides clients the ability to search the index of available files. In addition, instant messages (private chat) and group chat services similar to IRC are also provided.
Napsterは、ユーザーが自分達のクライ アント間で直接ファイル転送できるようにする、分散型ファイル共有サービスです。 中央サーバーは利用可能なすべてのファイルの一覧を記憶し、クライアントが ファイルを検索できるようにします。それに加えて、IRCに似た インスタントメッセージ(プライベートチャット)やグループチャットサービスも提供されます。

OpenNap-NG is an Open Source effort to create a version of the proprietary Napster server. We want to express our thanx here to drscholl, who made an excellent job of programming.
OpenNap-NGは、 Napsterサーバーの個人用バージョンを作ろうという オープンソースの取り組みです。 私たちはここに、すばらしいプログラミングの仕事を成し遂げた drschollに謝意を表したいと思います。

OpenNap-NG is the new generation of Opennap, after drscholl had ceased to develop any further. Many new features have been included.
OpenNap-NG は、drschollが開発を停止してしまって以来の、新世代のOpenNapです。 たくさんの新機能がつきました。

We would gladly welcome everyone who also has got new ideas and wants to participate in this project.
新しいアイデアを思いついた人やこのプロジェクトに参加したい人は、だれでもよろこんで歓迎します。

We also want to announce that we want to merge this fork of opennap with drscholls as soon as he reappears. The main goal is a common codebase.
私たちはdrschollが戻り次第、このopennapの支流を彼のものと合わせて1つにしたい。 一番の目標は共通のコードベースにすることです。

The most current version of this document can be obtained here.
このドキュメントの最新バージョンは ここで手に入ります。

Installation
インストール

Unix Platforms
Unixプラットフォーム

After you have unpacked the source, or obtained the CVS version, run the provided configure script. The following options are of note:
ソースを解凍するか、CVSバージョンを手に入れたら、 configure スクリプトを実行します。以下のオプションは覚え書きです。: Once you have run the configure script, simply type make. At this point you may wish to run make install to install OpenNap-NG in the default location, but this is not required for the server to run.
configureスクリプトを実行したら、makeとタイプするだけです。 このときmake installを実行して標準の位置にOpenNap-NGをインストールしたいと 思うかもしれませんが、これはサーバーを動かすのには不要です。

Files
ファイル

OpenNap-NG uses several different configuration files. Typically they are stored in /usr/local/share/opennap-ng for UNIX platforms, and C:\opennap for Win32 platforms.
OpenNap-NGは複数の異なる設定ファイルを使います。 ふつうはUNIXプラットフォームでは/usr/local/share/opennap-ngに、 Win32プラットフォームではC:\opennapにファイルが置かれます。

Bans
ログイン禁止

The bans file contains a persistent list of server-wide bans. The server will read this upon startup, and then dump its current list when it shuts down. If you need to edit this file, you must shut down the server prior to editing it, or your changes will be lost.
bansファイルには、サーバー全体に渡って入場を禁止するユーザーのリストが書かれています。 サーバーは起動時にこのファイルを読み込み、シャットダウン時に現在のリストを書き出します。 このファイルを編集しなければならないときは、編集する前にサーバーをシャットダウンしてください。 さもないと、変更した部分が消えてしまいます。

Each line in this file should be of the form:
各行は次の形式で書きます:

<target> <nick> <when> "<reason>" [timeout]
where target is what is banned, nick is the user that issued the ban, when is the time at which the ban was set (in seconds since Jan 1, 1970 0:00 UTC), and reason is the reason for the ban.
ここでtarget は禁止の対象、nick は禁止コマンドを実行したユーザー名、 when は禁止した時刻(Jan 1, 1970 0:00 UTCから経過した秒数)、 reason は禁止理由です。

Optionally, timeout may be specified which gives the time at which the ban expires and should be removed.
オプションとして、timeoutで 禁止が解除されるまでの時間(秒)を指定することもできます。

See the sample.ban file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.banファイルを参照してください。


Block
ブロック

This file contains a list of regular expressions, one per line, which are matched against every file that a client attempts to share. If a file matches any of the regular expressions, it will not be indexed by the server. No error message is sent back to the client, and no log message will be printed. The file is just silently ignored.
このファイルには、1行に1つずつ、正規表現で書かれたリストが載っています。 各行が、クライアントが共有しようとするすべてのファイルに対して照合されます。 正規表現のどれかに適合したファイルは、サーバーに記憶されません。 クライアントにはエラーメッセージはなにも送られず、ログメッセージにもなにも出ません。 何も言わずにそのファイルを無視するだけです。

Lines that begin with a hash (#) are considered to be a comment, and are ignored.
ハッシュ(#)で始まる行はコメントとみなされ、無視されます。

See the sample.block file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.blockファイルを参照してください。


Config
設定

Configuration directives are one per line, of the form:
設定指示文は1行に1つで、次の形式で書きます。:

var value

Each of the values is a string, integer, or list, depending on the variable.
valueの値は各変数に依存し、文字列、整数、リストなどになります。

protnet 0
Type: string list
Default : *

Protnet is a set of protections granted to an Elite user on the defined IP or list of IPs. The elite is protected from being killed, mkilled, their password changed, or account nuked, and their server killed, by someone NOT on the protnet, even if they are elite. The default setting works like normal, any elite can kill other elites, etc. Note, the protection only works on your own server, it can't protect you on another server, etc.
protnetは、あらかじめ定義されたIPまたはIPリストから接続しているEliteユーザーに与えられる保護機能です。 Eliteは、protnet上にいない人が行おうとする切断、mkill、パスワード変更、アカウント削除、サーバー切断 から保護されます。たとえEliteであってもこれらのことを行うことはできません。 標準では、サーバーは従来どおりの動きをします。どのEliteも他のEliteを切断したりできます。 注意:この保護機能はあなたのサーバー上でしか働きません。 他のサーバー上ではあなたを保護することができないので注意してください。

Example: protnet 128.1.128.1,192.168.0.*
例:protnet 128.1.128.1,192.168.0.*

eject_also_bans 0
Type: integer
Default : 0

Should a eject of a client also result in a timed ban of the nick?
クライアントの切断も名前を指定して時限つきログイン禁止にする必要がありますか?
The default value is 0 so no bans will occur
標準では、ログイン禁止にならないように0になっています。

eject_ban_ttl 1800
Type: integer
Default: 1800

If eject also bans - how long should the ttl of the nonsharing client be?
eject_also_bansが1のとき - 共有0のクライアントのBan期限はいくらにしますか?
The default value is 1800 seconds.
標準では1800秒です。

search_max_cache_entries 500
Type: integer
Default: 500

To give the hub in a distributed network some relief and to speed up repeated searches an internal cache is maintained. How many searches should be cached? The default value is 500 searches. You can query the cache stats using /raw 10116 The format of the output is: Counter Rank Usage Starttime LastUsedTime SearchString
分散型ネットワークの中にあるハブを支援するため、 また、 何度も繰り返される検索をスピードアップするため、 内部キャッシュが整備されます。 いくつの検索をキャッシュしますか? 検索500回分が標準です。 /raw 10116でキャッシュの統計をクエリーできます。 出力の形式は次のようになります。: カウンタ ランク 使われ方 開始時間 最後に使われた時刻 検索文字列

eject_limit_libsize 1572864

set the min amount of Megabytes a user has to share in order to be exempt from 'eject_when_full'. Any client that shares either eject_limit_files+1 files or 'eject_limit_libsize+1 Kilobytes will not be disconnected.
eject_when_fullを回避するためにユーザーが共有しなければいけない最低ファイル容量を メガバイトで指定します。eject_limit_files+1ファイル共有するか、eject_limit_libsize+1キロバイト 共有すれば切断されずにすみます。

eject_grace_time 600

If the eject_limits are on then a freshly started server may killban users because the load on such a server is so high that some users are not able to get their files shared in time or even may time out when sharing on a low bandwidth server. The variable "eject_grace_time" is the time in seconds after which the eject_limits are checked right after the serverstart- The default value is ten minutes ( 600 seconds ).
eject_limitsがONのとき、起動したばかりのサーバーはユーザーを切断・ログイン禁止にしてしまう可能性があります。 これはこうしたサーバーにかかる負荷が非常に高く、時間内にファイルを共有できないユーザーが出たり、 帯域幅のせまいサーバーで共有するときにタイムアウトになることもあるからです。 eject_grace_time変数には、サーバー起動直後にeject_limitsがチェックされてからの時間を秒数で指定します。 標準では10分(600秒)です。

min_file_size 0
Type: integer
Default: 0

Set the lower limit of filesize which a single file must at least have to be shared. If the min_file_size is 0 then there is no checking on this parameter.
共有できる1コのファイルの最低サイズを指定します。 0にするとチェックしません。

max_tags_per_minute 2

Set the maximum number of certain tags per minute a client could issue to the server. Some analysis showed that the tags 218, 219 and 700 were abusively used by some buggy clients. When the client has more than max_tags_per_minute tags the request is simply ignored.
クライアントが1分あたりサーバーに送ることができるタグの最大数を指定します。 ある統計によると、218,219,700番のタグが、あるバグの多いクライアントによってはきすてるほどたくさんつかわれています。 クライアントがmax_tags_per_minute以上のタグを送ってきたときは、単に無視します。

max_searches_per_minute 2

Set the maximum number of searches (tag 200) a client is allowed to make during his connection. Default value is 2. A value of 0 does not check the number of searches at all. This limit is calculated by using: ( count200 - evaluate_search_abuse_after_tags ) / onlinetime So a value of 2 searches should be sufficient.
クライアントが接続中に実行できる検索(200番タグ)の最大数を指定します。 標準では2です。 0にすると検索数のチェックを全くしなくなります。 この制限は(200番タグの数 - evaluate_search_abuse_after_tags)/オンライン時間 で計算されます。 ですから検索数の値は2で十分です。

evaluate_search_abuse_after_secs 120

After how many seconds should "max_searches_per_minute" be evaluated? This is to prevent that a freshly connected user will be prosecuted because he is initally searching all of his incompletes.
max_searches_per_minuteは何秒後に評価すればいいでしょうか? これは新しく接続したユーザーがはじめにすべての不完全ファイルを検索しているために 起訴されてしまわないための設定です。

evaluate_search_abuse_after_tags 100
Type: integer
Default: 100

After how many tags in total should max_searches_per_minute be evaluated? This is to prevent that a freshly connected user will be prosecuted because he is initally searching all of his incompletes. After 100 requests the counter starts counting.
max_searches_per_minuteは合計でいくつのタグのあとに評価されるべきでしょうか? これは接続したばかりのユーザーがはじめに自分の持ってるすべての不完全ファイルを検索するために、 起訴されないようにします。 検索要求が100回行われるとカウントをはじめます。

break_mx_queue 0
Type: integer
Default: 0

Some buggy clients send a lot of privmsgs containing //WantQueue. If this value is set to 1 then these privmsgs will be blocked on the server this user is connected to. To get a picture what a waste of bandwidth occures when not switching this to 1 grep your opennap-ng logfile for "privmsg". It should display something like:
//WantQueueを含むプライベートメッセージをたくさん送信する、 バグの多いクライアントがあります。 この値を1にすると、ユーザーが接続しているサーバーによって これらのプライベートメッセージがブロックされます。 1にしないときにどれだけ帯域を消費しているかをみるには、 あなたのopennap-ngのログファイルで、"privmsg"をキーワードにしてgrepするといいです。 次のようになるはずです:
privmsg: all 205: 43000 705596 Bytes - 205WQ: 39096 (90.9%) 431382 Bytes (61.1%)
privmsg: all 205: 44000 720813 Bytes - 205WQ: 40030 (91.0%) 441662 Bytes (61.3%)
after only some hours of uptime. 205WQ is the count and the size of privmsgs containing a queueing message.
たった数時間稼働したあとの数字です。 205WQはキューイングメッセージを含むプライベートメッセージの数と容量です。

notify_mod_abuse 1
Type: integer
Default: 1

When set to 0 the abuse of the tags mentioned above is not reported to the mod+ users on your system.
0にすると、上述のタグ濫用はあなたのシステムにいるmod+ユーザーに報告されません。

notify_mod_abuse_frequency 100
Type: integer
Default: 100

When "notify_mod_abuse" is set to 1 then this following var reports the frequency of notifications which are sent. A notify-mod_abuse_frequency of 100 means that every 100th abuse per user is reported via notify_mods().
"notify_mod_abuse"が1のとき、後述の変数が通知を送る頻度を報告します。 100にすると各ユーザーが100回濫用するごとにnotify_mods()を通して通知されます。

notify_user_abuse 1
Type: integer
Default: 0

When set to 1 the abuse of the tags mentioned above is reported to the user issueing the tag via a privmsg.
1にすると、上述のタグ濫用をしたユーザーにプライベートメッセージで通知します。

notify_user_abuse_frequency 1000
Type: integer
Default: 1000

When "notify_user_abuse" is set to 1 then this following var reports the frequency of notifications which are sent. A notify_user_abuse_frequency of 1000 means that every 1000th abuse per user is reported via privmsg to the user.
"notify_user_abuse"が1のとき、ここで指定した値が送られる通知の頻度を報告します。 例えば1000にすると、各ユーザーが1000回タグを濫用するごとに、そのユーザーにプライベートメッセージで通知します。

no_mod_annoying 0
Type: integer
Default: 0

When set to 1 mod+ are exempt from the notification of tag abuse. This only affects mod+ who are on a server where "notify_user_abuse" is set to 1.
1にすると、mod+はタグだらけの通知から開放されます。 この設定は、"notify_user_abuse"が1に設定されているサーバーにいるmod+だけに適用されます。

discipline_ignorers 1
Type: integer
Default: 1

discipline_ignorers_ban_ttl
Type: integer
Default: 2592000

When a user ignores a mod+ this is annoying enough. But when the mod killbans the user just to have the user relogging in with another nick this hits the spot multiplied by -1. The vars "discipline_ignorers" and "discipline_ignorers_ban_ttl" take some care of these cases. If you declare "discipline_ignorers 1" then the ignoring user will be kicked. If you additionally specify "discipline_ignorers_ban_ttl" >0 then these users will be banned in addition to that for the ammount of seconds specified. If you set the latter value to 0 then no banning will occur. Both default values seem reasonable enough. ( 1 and 2592000 )
ユーザーがmod+を無視するのは非常に迷惑なことです。 しかしmodがユーザーをkill/banしても ユーザーは別の名前でログインしようとするだけで逆効果です。 "discipline_ignorers"と"discipline_ignorers_ban_ttl"は こうしたケースのいくつかを扱います。 "discipline_ignorers 1"とすれば、mod+を無視しているユーザーは切断されます。 さらに"discipline_ignorers_ban_ttl"を0以上にすれば、 指定した値の秒数だけ、ログイン禁止にすることができます。 後者の値を0にすると、ログイン禁止にはなりません。 どちらの標準値(1と2592000)も十分妥当な値です。

discipline_block 0
Type: integer
Default: 0

discipline_block_ban_ttl
Type: integer
Default: 259200

When a user has a file blocked because of an offending word that matches in the block file, ban them for this configured time in seconds. The vars "discipline_block" and "discipline_block_ban_ttl" will configure if this behavior is done and for how long to set the ban. If you define "discipline_block 1" the users who are sharing blocked files will be immediately banned and killed. The default value is to not kill and ban users who have blocked files.
ファイル名に好ましくない単語を使ったなどの理由で、 ブロックファイルの単語にマッチした共有ファイルをブロックされたユーザーを、 ここで指定した秒数の間ログイン禁止にします。 "discipline_block"変数ではこの動作を行うかどうかを、 "discipline_block_ban_ttl"変数ではログイン禁止時間を設定します。 "discipline_block 1"とした場合は、 ファイルをブロックされたユーザーをただちにログイン禁止にし、切断します。 標準ではファイルをブロックされたユーザーを切断・ログイン禁止しません。

no_mod_annoying 0
Type: integer
Default: 0

When set to 1 mod+ are exempt from the notification of tag abuse. This only affects mod+ who are on a server where "notify_user_abuse" is set to 1.
なんか記述が重複してますね

allow_share
Type: boolean
Default: yes

Controls whether or not clients are allowed to share files via the server.
サーバーを通してファイルを共有できるかどうかを指定します。

auto_link
Type: boolean
Default: off

When set to on, opennap-ng will automatically attempt to link to all servers listed in the servers file when it starts up for the first time.
ONのときは、opennap-ngはサーバー起動時に自動的に serversファイルに載っているサーバー全部にリンクを試みます。

auto_register
Type: boolean
Default: off

When set to on, the server will automatically register a nickname the first time it is used. When off, nicknames will only be registered when the client explicitly requests it. Also see registered_only, register_interval.
ONのときは、サーバーははじめて使われたニックネームを自動的に登録します。 OFFのときは、クライアントが明示的に登録作業をしたときだけ登録されます。 registered_onlyregister_intervalも参照してください。

client_queue_length
Type: integer
Default: 102400

Sets the maximum number of bytes that can be queued for a client connection. If this threshold is reached, it is assumed that the client is either dead, or the network link can not sustain the level of output, and the server automatically closes down the client connection. This is necessary so that dead clients don't consume all of the servers memory.
クライアント接続でキューに入れられるバイト数の最大値を指定します。 この値に達すると、クライアントが応答していないか、ネットワークリンクが出力レベルに耐えられないと みなして、サーバーが自動的にクライアント接続を切断します。 反応がないクライアントでサーバーのメモリを使い切ってしまわないために必要な設定です。

compression_level
Type: integer
Default: 1

The zlib compression level to use when compressing server to server connections. 0 means no compression, 1 is least effort, 9 is best compression. The higher the number, the more cpu it will consume. Level 1 compresses text by about 50%, which is good enough for most applications.
サーバー間の接続データを圧縮するときのzlibの圧縮レベルです。 0は無圧縮、1は最速圧縮、9は最高圧縮です。数字が大きいほどCPUに負担がかかります。 レベル1ではテキストを約50%まで圧縮できます。ほとんどの場合これで十分です。

eject_after
Type: integer
Default: 120

Specifies the number of seconds after initial login to the server for which the client is exempt from being killed for not sharing enough when the server is full (see eject_limit). This should be large enough to allow a client to start sharing files before getting killed.
はじめにログインしてから、サーバーの満員時に クライアントを共有不足で切断するまでの時間を秒数で指定します (eject_limitを参照してください)。 クライアントがファイルを共有するまえに切断しないように、十分大きな値を設定してください。

eject_leeches
Type: integer
Default: 0

When eject_when_full is set, kill leeches to allow another user to login, even if they are sharing over the required amount of files.
eject_when_fullが設定されているときに、 leechをサーバーから切断して他のユーザーがログインできるようにします。 必要な量のファイルを共有していても切断します。

eject_when_full
Type: boolean
Default: off

If set to on, the server will disconnect the longest connected client which is not sharing any files when the server is full (eg., when it has reached max_connections clients). This allows room to be made for those clients which are sharing files. Also see eject_leeches.
ONのときは、サーバーが満員になったらファイルを共有していないクライアントで 一番長い時間接続している人を切断します。たとえばクライアントの数が max_connectionsの値に達したときに起こります。 これによって、ファイルを共有しているクライアントのための空間をつくることができます。 eject_leeches.も参照してください。

Note: mods+ and Friends are exempt and can always log in even if they are sharing no files.
注意:mods+Friendsは例外です。 サーバーが満員でも、ファイルを共有していなくても、いつでもログインできます。

file_count_threshold
Type: integer
Default: 5000

When a indexed file search token (one word) contains more than this number of matching files, the server will warn in its log output. This gives the ability to add this term to the list of filtered words.
検索語がこの数以上のファイルにマッチしたとき、警告をログに出力します。 フィルタする単語のリストにその単語を加えるといいです。

flood_commands
Type: integer
Default: 0

This variable, along with flood_time, allow for server-side flood protection. When set to a value greater than zero, the server will not allow clients to issue more than this number of commands in flood_time seconds. Any client attempting to send commands faster than the allowed limit is throttled back.
flood_timeにしたがって サーバー側での荒らし対策をします。 0より大きな値にすると、クライアントが flood_timeで指定した秒数の間に この値を超える数のコマンドを送れないようにします。 これ以上速くコマンドを送ろうとするクライアントはすべて減速されます(どういう意味?)。

flood_time
Type: integer
Default: 100

See flood_commands.
flood_commandsを参照してください。

ghost_kill
Type: boolean
Default: on

When enabled, opennap-ng will automatically kill an existing connection if the same user logs in from the same IP address.
ONにすると、同じIPアドレスから同じユーザーがログインしているとき、現在の接続を自動的に切断します。

index_ignore_suffix

Type: boolean
Default: true

Controls whether or not the filename extensions of shared files are included in the searchable index.
共有ファイルのファイル名の拡張子を検索用インデックスに含めるかどうかを指定します。標準では含めません。

Also see index_path_depth.
index_path_depthも参照してください。

index_path_depth
Type: integer
Default: 2

Controls how many levels of directory are included when adding shared files to the searchable index. Often times the leading parts of the path are completely useless for searching (eg., C:\Program Files\My Music\Rock\) and just consumes a lot of memory. This variable counts from the end of the path backwards, so the higher the value, the more of the beginning of the path it will include.
検索用インデックスに共有ファイルを追加するとき、含まれるディレクトリ階層の深さを指定します。 先にくるパスがぜんぜん無意味なことはよくあります。たとえばC:\Program Files\My Music\Rock\のような場合です。 メモリの無駄遣いになるだけです。この変数の値はパスの終わりから後ろに向かって数えます。 なので値を大きくすると、パスのはじめの部分がより多く含まれることになります。

Also see index_ignore_suffix.
index_ignore_suffixも参照してください。

irc_channels
Type: boolean
Default: on

When set, opennap-ng requires all channel names to begin with # or &.
すべてのチャンネル名が#または&で始まるようにします。

listen_addr
Type: string
Default: 0.0.0.0

By default, the server will listen on all interfaces on the system. You can force it to listen only on a single interface by specifying the ip address of the interface in this option.
標準では、サーバーはシステム上のすべてのインターフェース上で待ち受けます。 このオプションでインターフェースのIPアドレスを指定すれば 1つのインターフェース上だけで待ち受けできます。

log_mode
Type: boolean
Default: off

When set to on, opennap-ng will log changes in user levels to a file.
onにすると、opennap-ngがユーザーレベルの変更をファイルに記録します。

login_interval
Type: integer
Default: 0

Specifies how often (in seconds) clients from the same IP address are allowed to connect to the server. This allows you to ignore clients which are reconnecting too fast. A value of 0 disables the check. Also see register_interval.
クライアントが同じIPアドレスからサーバーに接続できる時間間隔を秒数で指定します。 再接続が早すぎるクライアントを無視できます。 0 にするとチェックしません。 register_intervalも参照してください。

login_timeout
Type: integer
Default: 60

If a client has not completed the login process after this number of seconds, it will be disconnected. This is to prevent malicious parties from trying to open up many sockets to the server.
この秒数経過してもログインプロセスを完了していないクライアントは、切断されます。 これは悪意のある集団がたくさんのソケットをサーバーに開けないようにするための設定です。

max_browse_result
Type: integer
Default: 500

Because of the limit imposed by client_queue_length, the number of files returned by a browse command is limited to this number. If this is too large, clients will be disconnected when they browse a user with many files.
client_queue_lengthによる制限のため、 参照コマンドで返されるファイル数がこの値に制限されます。 この値が大きすぎると、ファイル数の多いユーザーを参照したクライアントは切断されてしまいます。

max_channel_length
Type: integer
Default: 32

Specifies the max number of characters allowed in a channel name.
チャンネル名に使える最大文字数を指定します。

max_client_string
Type: integer
Default: 32

Specifies the max number of characters allowed in the client version string.
クライアントバージョン文字列で使える最大文字数を指定します。

max_clones
Type: integer
Default: 0

When set to a value greater than 0, the server will only allow this many connections from the same ip address. Also see login_interval.
0より大きな値にすると、同じIPアドレスからの接続の最大数を指定できます。 login_intervalも参照してください。

max_command_length
Type: integer
Default: 2048

When set to a value greater than 0, the server will disconnect any client that sends a command longer than this value. Clients that trigger this are either attempting to flood the server or are out of sync.
0より大きな値にすると、サーバーはこの値以上に長いコマンドを送ってくるクライアントを 切断します。これにひっかかるクライアントはサーバーを荒らそうとしているか同期できてないかのどちらかです。

max_connections
Type: integer
Default: 0

When set to a value greater than 0, the server will only allow this many clients to log into the server.
0より大きな値にすると、サーバーにログインするクライアントの定員を指定できます。

max_new_users_per_minute
Type: integer
Default: 0

Maximum number of new users which are able to login per minute right after a serverstart. This is to avoid splits and timeouts due to the fact that 2000 users who want to connect to the freshly advertised server simultaneously produce a pretty nice bandwidth peak. Default value is 0. If set to 0 then no checking on the user/time ratio takes place. A good value for DSL-lines is 90 users per minute.
サーバー起動後の各1分ごとに、新しいユーザーがログインできる最大数です。 新しいサーバーが宣伝されると、2000人のユーザーが同時に接続しようとして、 帯域幅のピークがかなりすごいことになります。 この設定は、それによるサーバー群の分裂やタイムアウトの発生を防ぐためのものです。 標準の値は0です。0にするとチェックしません。 DSL回線では90ユーザー/分に設定するといいでしょう。

max_hotlist
Type: integer
Default: 32

When set to a value greater than 0, the server will only allow each user to have this many entries on their hotlist.
0より大きな値にすると、ホットリストに入れられる最大数を指定できます。 各ユーザーはこれを超える数のユーザーをホットリストに入れられなくなります。

max_ignore
Type: integer
Default: 32

When set to a value greater than 0, this server will only allow each user to have this many entries on their ignore list.
0より大きな値にすると、無視リストに入れられる最大数を指定できます。 各ユーザーはこれを超える数のユーザーを無視リストに入れられなくなります。

max_nick_length
Type: integer
Default: 19

If set to a value greater than 0, this specifies the max number of characters allowed in a nickname.
0より大きな値にすると、ニックネームに使える最大文字数を指定できます。

max_reason
Type: integer
Default: 96

If set to a value greater than 0, this specifies the max number of characters allowed in the "reason" strings for such commands as ban, kick and kill.
0より大きな値にすると、ban, kick, killなどのコマンドで使う"reason"文字列で使える最大文字数を指定できます。

max_results
Type: integer
Default: 100

If set to a value greater than 0, this specifies the max number of search results that are returned to a client.
0より大きな値にすると、クライアントに返される検索結果の数の上限を指定できます。

max_searches
Type: integer
Default: 3

Specifies the maximum number of pending searches a user is allowed to have. Once this threshold is reached, no more searches can be issued until one of the others has completed.
ユーザーが同時に検索できる最大数を指定します。 この値に達すると、現在行っている検索が終わるまで新しい検索ができなくなります。

max_shared
Type: integer
Default: 5000

If set to a value greater than 0, this specifies the max number of files that any client may share.
0より大きな値にすると、クライアントが共有できるファイル数の上限を指定できます。

max_time_delta
Type: integer
Default: 90

Specifies the maximum number of seconds of difference in clock time between two servers in order for them to be able to link. Note that if this value is set too large, users can gain ops in channels even if they were not the first user to join the channel.
2つのサーバーをリンクするときの、 サーバー間の時間のずれの最大値を秒数で指定します。 この値が大きすぎると、チャンネルに入室した最初のユーザーではないのに チャンネルオペレーターになれたりしてしまいます。

A value of 0 will turn off this check completely.
0にするとチェックしません。

max_topic
Type: integer
Default: 64

If set to a value greater than 0, this specifies the max number of characters allowed in a channel topic.
0より大きな値にすると、チャンネルトピックで使える最大文字数を指定できます。

max_user_channels
Type: integer
Default: 5

If set to a value greater than 0, this specifies the max number of channels a user is allowed to join.
0より大きな値にすると、チャンネルの定員の最大値を指定できます。 各チャンネルごとの定員はこの値を超えることはできません。

nick_expire
Type: integer
Default: 2678400 (31 days)

Specifies the time in seconds of after which unused accounts are expired and returned to the pool of available nicknames.
使われていないアカウントが削除されるまでの時間を秒数で指定します。 削除されたアカウントのニックネームは再び自由に使えるようになります。

ping_interval
Type: integer
Default: 600

Specifies the interval (in seconds) of how often to sping peer (linked) servers.
ピア(リンクされた)サーバーへspingする時間間隔を秒数で指定します。

register_interval
Type: integer
Default: 0

Specifices how often (in seconds) clients from the same IP address are allowed to register new nicknames. This can be used in conjunction with auto_register to block web/clone clients which attempt to log in with random nicknames.
おなじIPアドレスからログインするクライアントが新しいニックネームを登録できる 時間間隔を秒数で指定します。これはランダムなニックネームでログインしようとする web/cloneクライアントをブロックするためのもので、 auto_registerといっしょに使います。

registered_only
Type: boolean
Default: off

When set to on, the server only allows logins from registered clients. Also see auto_register, register_interval.
登録済みクライアントからのログインだけを受け付けます。 auto_registerregister_intervalも参照してください。

remote_browse
Type: boolean
Default: on

This variable controls whether or not the server supports remote browsing (where the client being browsed is not on the same server). In large networks, remote browsing can account for significant cross server traffic, increasing lag. Lopster or TekNap support´s for clients to directly browse eachother outside of the servers, which is the recommended approach.
リモート参照(違うサーバーにいるクライアントへの参照)をサーバーがサポートするかどうかを指定します。 大規模なネットワークでは、リモート参照はかなりのサーバー間トラフィックを引き起こし、遅延を大きくする可能性があります。 LopsterやTekNapなどは、クライアントがサーバーの外で直接お互いを参照する機能をサポートしているので、 このやり方を推奨します。

Napigator support - you should only need to set stat_server_user and stat_server_pass at the minimum. If you have used your correct DNS name for server_name above, then you don't need to use any of the report_* variables. If opennap-ng has trouble detecting the proper values to send to napigator, then you should set the report_* variables appropriately.
Napigatorサポート - あなたはstat_server_userとstat_server_passを最小値に設定するだけでいいです。 上記のserver_nameで正確なDNS名を使っている場合は、report_* 変数は何も使わなくていいです。 Napigatorに送る適切な値をopennap-ngが検知できない場合は、report_* 変数を適切にセットしなければいけません。

report_ip
Type: string
Default: value of server_name
server_nameの値

Sets the IP address this server listens on to be reported to Napigator
Napigatorに報告する待ち受けIPアドレスを設定します。

report_name
Type: string
Default: value of server_name
server_nameの値

Sets the name of the server reported to Napigator
Napigatorに報告するサーバー名を設定します。

report_port
Type: string
Default: value of server_ports
server_portsの値

Sets the TCP port this server listens on to be reported to Napigator
Napigatorに報告するための待ち受けTCPポートを設定します。

restrict_registration
Type: boolean
Default: off

If set, disallow the automatic registration of new nicknames by clients as they log in for the first time. The only way to create new nicknames (accounts) is then to use the administrator commands to register, or by editing the users file directly (when the server is not running). This option is typically used with the registered_only option to run a private, access-controlled server where users need accounts before they can log in.
クライアントが初めてのログイン時に新しいニックネームを自動登録できないようにします。 新しいニックネーム(アカウント)を登録するには登録用の管理コマンドを使うか usersファイルを(サーバーが動いてないときに)直接編集するしかありません。 このオプションはふつう、registered_onlyといっしょに使います。 これを使って、アカウントの登録したユーザーだけがログインできる、 アクセスを制限したプライベートなサーバーを動かしたりします。

search_timeout
Type: integer
Default: 180

When servers are linked, searches will be timed out if no response has been received after this many seconds. This forces the server to send the final ack to the client.
サーバーがリンクされているとき、 この秒数だけ応答がないと検索がタイムアウトになり、検索の途中でも 検索の完了を示すメッセージがクライアントに送られます。

server_alias
Type: string
Default: none

Allows you to specify an alternate name by which the server refers to itself. This is useful for connecting a "hidden" hub (routing-only) server, or if you just want to use a shortcut for the full dns name.
サーバーが自分自身を指す代替名を指定できます。 これは"隠れた"ハブ(ルーティング専用)サーバーを接続したり DNS名が長くてみにくいから略したいときなどに便利です。

server_name
Type: string
Default: depends on hostname
ホスト名に依存

Specifies the server's DNS name.
サーバーのDNS名を指定します。

server_ports
Default: 8888
Type: list

This option specifies a list of TCP ports which the server should listen on for client connections. Each port number should be separated by whitespace.
クライアント接続を待ち受けるTCPポートを指定します。 書くポート番号は半角空白で区切ります。

server_queue_length
Type: integer
Default: 1024000

Specifies the maximum number of bytes that can be queued for a server connection before it is considered dead.
サーバー接続でキューに入れられるバイト数の最大値を指定します。 この値に達すると、接続先のサーバーから応答がないものとみなします。

stat_click
Type: integer
Default: 60

Specifies how often (in seconds) the server should send updates about server statistics (users/files/gigs) to the clients.
サーバー統計(ユーザー数/ファイル数/ファイルサイズ(GB))の更新をクライアントに送る 時間間隔を秒数で指定します。

stats_port
Type: integer
Default: 8889

Specifies the TCP port on which the server should listen to reports stats. Typically used by Napigator. If this port is set to -1, the server will not listen for stats reporting at all.
統計を報告するためにサーバーが待ち受けるTCPポートを指定します。 ふつうはNapigatorが使います。 このポートが-1に設定されたときは、統計報告用の待ち受けをしません。

stat_server
Type: string
Default: stats.napigator.com

Sets the DNS/IP address of the Napigator server to report stats.
統計を報告するためのNapigatorサーバー のDNS/IPアドレスを設定します。

Also see report_name, report_ip, report_port, stat_server_port, stat_server_user, stat_server_pass.
report_name, report_ip, report_port, stat_server_port, stat_server_user, stat_server_pass. も参照してください。

stat_server_pass
Type: string
Default: none

Sets the password for your napigator account to list live server stats.
稼動しているサーバーの統計を記録するために必要な、 napigatorアカウントのパスワードを設定します。

stat_server_user
Type: string
Default: none

Sets the username for your napigator account to list live server stats.
稼動しているサーバーの統計を記録するために必要な、 napigatorアカウントのユーザー名を設定します。

strict_channels
Type: boolean
Default: off

When set to on, the server will only allow privileged users to create new channels.
onに設定すると、権限のあるユーザーしかチャンネルを作れなくなります。

user_db_interval
Type: integer
Default: 1800

Specifies the interval in seconds of how often the server should write out its database files to disk. This is important in case the server crashes prematurely, so that data loss is minimal.
サーバーがデータベースファイルをディスクに書き出す時間間隔を秒数で指定します。 これはサーバーが不意にクラッシュしたときにデータの消失を最小限にするために重要です。

usermode
Type: string
Default: ALL

Sets the default usermode for mods+ users.
mods+ユーザーの 標準のユーザーモードを設定します。

warn_time_delta
Type: integer
Default: 30

If the clock on a remote server is more than this many seconds out of sync, opennap-ng will print a warning message. Also see max_time_delta.
リモートサーバーの時計がこの秒数以上同期されないときは、 opennap-ngは警告メッセージを表示します。max_time_deltaも参照してください。

A value of 0 turns off the warning completely.
値が0のときは警告が表示されなくなります。

who_was_time
Type: integer
Default: 300

Specifies the number of seconds after a user logs out that information on the client's ip address and server is kept in cache, so that mods+ may perform a whowas command. Note: this only controls how often the cache is purged, so some nicks may appear to be older than this amount.
そのユーザーがログアウトしたあとで、クライアントのIPアドレスとサーバーの情報を キャッシュから削除するまでの時間を、秒数で指定します。 これによってmods+がwhowasコマンドを実行できます。 注意:これはキャッシュがクリアされる間隔をコントロールするだけなので、 この値よりも前に現れたニックネームもあるかもしれません。


UNIX Specific Configuration Options
UNIXだけの設定オプション

connection_hard_limit
Type: integer
Default: depends on OS
OSに依存

Sets the maximum number of file descriptors available to the server process. Generally this is used to increase the default number availble. Note that in order to increase the default maximum, the server needs to be run as root (OpenNap-NG will drop privileges and run as the uid/gid specified by the configure arguments).
サーバープロセスで使えるファイルディスクリプタ(出力先を指すための番号)の最大数を設定します。 ふつうは利用できる標準の数を増やすために使います。標準の最大値を増やすためには、 サーバーはroot権限で動かさなければいけないので注意してください。 OpenNap-NGは権限を失い、configure引数で指定されたuid/gidで動かします。

lock_memory
Type: boolean
Default: off

On supported systems, this will cause the server to lock all of its memory pages into real memory, thus avoiding swapping to disk.
これをサポートするシステム上で、 サーバーはすべてのメモリーページを実メモリにロックし、ディスクにスワップされないようにします。

max_data_size
Type: integer
Default: varies depending on OS
OSに依存

Sets the maximum amount of memory the process may consume. Also see max_rss_size.
プロセスが消費するメモリ量の最大値を設定します。 max_rss_sizeも参照してください。

max_rss_size
Type: integer
Default: varies depending on OS
OSに依存

Sets the maxiumum amount of real memory a process is allowed to consume. Any excess will be swapped to disk. Also see max_data_size.
プロセスが消費できる実メモリの最大値を設定します。 これを超えたらディスクにスワップされます。max_data_sizeも参照してください。

See the sample.config file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型としてsample.configを参照してください。


Channels
チャンネル

The channels file specifies all predefined channels on the server. Each line in this file should be of the form:
channelsファイルにはサーバーのすべての定義済みチャンネルを書きます。 各行は次の形式です:
<channel> <limit> <level> "<topic>"
where channel is the channel name, limit is the maximum number of users allowed in the channel (0 for no limit), level is the minimum user level required to enter the channel and topic is the default topic for the channel.
ここでchannelsはチャンネル名、 limitは定員(0は無制限)、levelはチャンネルに入室するための最低ユーザーレベル、 topicはチャンネルの標準のトピックです。

NOTE: typically you edit this file once before starting your server. You should never edit it while the server is running or your changes will be lost. The server always writes out its state when it shuts down, because new information about the channel may have been set. If you want to edit it by hand, you should first shut down your server.
注意:一般的に、このファイルはサーバーをスタートする前に編集します。 絶対にサーバーが動いているときに編集してはいけません。さもないと変更した内容が無効になります。 サーバーはシャットダウンする時にいつもその状態を書きだします。 なぜならあたらしいチャンネルの情報が設定されたかもしれないからです。 直接編集したい場合は、まずサーバーをシャットダウンしなければいけません。

See the sample.channels file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.filterファイルを参照してください。


Filter
フィルター

This file allows you specify a list of words that should not be indexed when clients share files. This is most commonly used to weed out very common words such as `mp3' or `the' to save on server resources, since it is expected that none of these words will be very useful when searching. Note that the file is still indexed, you just can't use these particular words to find that file.
このファイルでは、クライアントがファイルを共有するときに、 一覧に記憶しない単語の一覧を指定できます。 これは一般的に、`mp3'や`the'といった非常に一般的な単語を取り除いて、 サーバーリソースを節約するために使われます。なぜならこれらの単語は検索時にそれほど役に立たないからです。 ファイル自体は一覧に記憶され、単に指定した単語が検索でヒットしないだけなので注意してください。

In certain cases, a file may contain no valid words and thus won't be able to be found via the search mechanism. However, the file will show up when browsing the client's filelist, and therefore can still be downloaded.
あるケースでは、ファイルが正しい単語を含まないために検索機構で見つからないことがあります。 しかし、そのファイルはクライアントのファイル一覧を参照すると表示されて、ダウンロードできます。

See the sample.filter file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.filterファイルを参照してください。


MOTD

Welcome to the experiental OpenNAP-NG server. This server is still in *ALPHA* release.
OpenNap-NG 実験サーバーへようこそ。このサーバーはまだ*α*リリースです。

This file can contain other interesting data if the writer were not so lazy. :-)
このファイルは、書くひとがそんなに怠け者でなければ(笑)他にもおもしろいデータが書けます。

Juni 06, 2002
2002年6月6日

See the sample.motd file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.motdファイルを参照してください。


Servers
サーバー

The servers file contains a list of servers which are allowed tolink. Each line in this file is of the form:
serversファイルにはリンクできるサーバーの一覧が書いてあります。各行は次の形式です。:
<server_name> <remote_pass> <local_pass> <port> [alias]
where server_name is the DNS name of the remote server (the remote server should have its server_name set to this value), remote_pass is the password expected from the remote server to authenticate (prove its identity), and local_pass is the password your server uses to authenticate to the remote server.
ここでserver_nameはリモートサーバーのDNS名です。 リモートサーバーはここで指定されているサーバー名でなければいけません。 remote_passはリモートサーバーから要求される認証用パスワードです。 local_passはリモートサーバーに対してあなたのサーバーが要求する認証用パスワードです。

port is the TCP port on the server to connect to.
portは接続先のサーバーのTCPポートです。

alias is an optional string which will be used to refer to this server instead of its DNS name. This is useful for defining hub servers where you might not want the DNS name to be revealed to users, or you want to use a different name instead of the ip address (if you don't have a reverse DNS record).
aliasは、サーバーのDNS名のかわりになる文字列です。オプションです。 DNS名をユーザーに見られたくないハブサーバーを定義したり、 IPアドレスのかわりに違う名前を使いたいとき(DNSの逆引きができない場合)に便利です。

Note: lines that begin with a pound sign (#) or any space character (tab, etc.) are ignored.
注意:パウンド記号(#)ではじまる行と空白文字(タブなど)は無視されます。

See the sample.server file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.serverファイルを参照してください。


User
ユーザー

Lines starting with a hash (#) are comments and are ignored. Each line of the database should be of the format:
ハッシュ記号(#)で始まる行はコメントです。無視されます。データベースの各行は次の形式です:

nickname password email level created lastseen

nickname the nickname that is registered
登録されているニックネーム
password the password for this nickname, created with `mkpass'
このニックネームのパスワードです。`mkpass'で生成します。
email the email address for this user
このユーザーのe-mailアドレスです。
level the default user level of this user. should be one of: leech, user, moderator, admin, elite
このユーザーの標準のユーザーレベルです。 leech, user, moderator, admin, eliteのどれかです。
created the time at which the account was registered (as measured by the time(2) system call
アカウントが登録された時刻です。time(2)システムコールによる時刻です。
lastseen the time at which the user last logged in/out the server (as measured by the time(2) system call
最後にログイン/ログアウトした時刻です。time(2)システムコールによる時刻です。

Example:

lewser 1,N6BeTWZ4,fWJx95pWVcd2wTJk3ZCFBw blah@email.com Leech 0 0
poweruser 1,3aYmWBkH,o4BAAYyOD61bc28Eef8+5w my@address.com Elite 0 0

See the sample.user file as a basis to start your own configuration.
あなた用の設定のひな型として、sample.userファイルを参照してください。


Administration
管理

This section describes how to administer the OpenNap-NG server through the use of a connected client. It is assumed by the time you get here that you have set up at least one Elite level (server owner) account on your server (this is done by the setup program if you installed it that way). The first thing you want to do is log into your server with this account. When you log in, you should see a message from the server on your client, something like:
このセクションでは、接続しているクライアントを通してOpenNap-NGサーバーを管理する方法 について説明します。ここにくるまでに、あなたのサーバーで少なくとも1つのEliteレベル(サーバー所有者)のアカウントを 設定したはずです。はじめにあなたがすることは、このアカウントであなたのサーバーにログインすることです。 ログインすると、サーバーからのメッセージが次のようにクライアントに表示されるはずです。
server_name set you to level Elite (4).
where server_name is the name of your server. This message will let you know that you have fill privilege to access administrative commands on this server.
ここでserver_nameはあなたのサーバーの名前です。 このメッセージは、あなたがこのサーバーのすべての管理コマンドに アクセスする権限をもっていることを知らせています。

Clients such as Lopster or TekNap already have all of the OpenNap-NG extensions built into it. Others, such as the official Napster client or WinMX do not (it was not inteded to be used by administrators). If you client is missing functions to directly access these administration commands, not to worry, OpenNap-NG has a way of getting around this. OpenNap-NG provides to pseudo-users, ChanServ for channel related commands, and OperServ for server related commands. For both of these, you can access their functionality by sending a privmsg (instant) message to either of these users (in most clients this will be either /msguser or /telluser).
LopsterTekNap のようなクライアントは、すでにすべてのOpenNap-NGの拡張機能を内蔵しています。 公式NapsterクライアントやWinMXは内蔵していません(管理者向けに作られたクライアントではない)。 もしあなたのクライアントがこれらの管理コマンドに直接アクセスできなくても、 OpenNap-NGにはこれを回避する方法がありますから心配はいりません。 OpenNap-NGは、チャンネル関係のコマンドのためのChanServと、 サーバー関係のコマンドのためのOperServという擬似ユーザーを提供します。 それぞれにプライベート(インスタント)メッセージを送ればその機能を使うことができます。 ほとんどのクライアントでは/msg userもしくは/tell userでOKです。

ChanServ

You can administer chat channels either by using your client's built in functions, or by sending private (instant) messages to the user ChanServ. Note that most all of the following that actually affect the channel require the user issuing the command to be a channel operator.
チャットチャンネルを管理するには、あなたのクライアントに はじめから実装されているコマンドを使うか、ユーザーChanServ にプライベート(インスタント)メッセージを送ります。 以下のコマンドのほとんどは、チャンネルオペレーターだけが使えます。

ban

/msg chanserv ban#channelnick["reason"]

Places a ban on channel such that nick is prevented from joining. You can optionally give a reason for the ban that will be displayed to the user (Note: if you specify the reason, it MUST be quoted with double-quotes (") or else the server will only show the first word of the reason).
nickを入室禁止にします。 が入室できないようにします。 reasonはオプションで、banされたユーザーに表示されます。 注意:reasonを指定するときは、 必ず二重引用符(")でくくってください。そうしないとサーバーは reasonに指定した文のはじめの単語しか表示しません。

banclear

/msg chanserv banclear#channel

Removes all bans from the channel.
指定したチャンネルの入室禁止をすべて解除します。

banlist

/msg chanserv banlist#channel

Displays the list of bans for the channel. Note: this does not work for the official Windows Napster client since it doesn't have support for displaying it.
指定したチャンネルの入室禁止者の一覧を表示します。 注意:このコマンドは公式のWindows用Napsterクライアントではサポートされていません。

clear

/msg chanserv clear#channel

Kicks all users in the channel out of the channel, only leaving yourself.
指定したチャンネルにいる自分以外のすべてのユーザーを退室させます。

deop

/msg chanserv deop#channelnick

Removes user nick as a channel operator and makes him/her a normal channel user.
ユーザーnickをチャンネルオペレーターからはずして、ふつうのユーザーにします。

help

/msg chanserv help

Displays a summary of all available commands.
すべての利用可能なコマンドと簡単な説明を表示します。

invite

/msg chanserv invite#channelnick

Send an invitation to user nick allowing them to join a channel which is set +INVITE.
ユーザーnickを招待します。 招待されたユーザーは+INVITEに設定されたチャンネルに入室できます。

kick

/msg chanserv kick#channelnick["reason"]

Kick user nick out of the channel. A reason can optionally be given. Note: if reason is given, it MUST be quoted with double-quotes (") or else the server will only display the first word.
ユーザーnickをチャンネルから退室させます。 reasonはオプションです。注意:reasonを指定するときは、 必ず二重引用符(")でくくってください。そうしないとサーバーは reasonに指定した文のはじめの単語しか表示しません。

level

/msg chanserv level#channel [level]

Displays/sets the minimum required user level to be allowed to join a channel.
チャンネルに入室できる最低ユーザーレベルを表示/設定します。

limit

/msg chanserv limit#channel [numusers]

Displays/sets the maximum number of users allowed to join a channel.
チャンネルに入室できるユーザーの定員を表示/設定します。

mode

/msg chanserv mode#channel[mode [mode ...]]

Displays/sets the channel mode. If no modes are given, it returns what the current channel mode is. Acceptable modes are:
チャンネルモードを表示/設定します。 モードが指定されないときは、現在のチャンネルモードを返します。 有効なモードは次のとおりです:

To set a channel mode, prefix it with a plus-sign (+). To unset a channel mode, prefix it with a minus-sign (-). You can specify however many different modes on the same command as you like.
チャンネルモードを設定するには、プラス記号(+)を前につけます。 設定を解除するにはマイナス記号(-)を前につけます。 1つのコマンドで複数のモードを指定できます。

muzzle

/msg chanserv muzzle#channelnick

Prevent user nick from being able to send messages to the channel.
ユーザーnick がチャンネルにメッセージを送れないようにします。

op

/msg chanserv op#channel[nick [nick ...]]

If no nicknames are given, it returns a list of the current channel operators. If given one or more nicknames, each user will be given channel operator status (and thus the ability to execute any of the other channel admin commands).
ニックネームが指定されなかった場合、 現在のチャンネルオペレーターの一覧を返します。1つ以上のニックネームが指定された場合は、 そのそれぞれにチャンネルオペレーターの地位が与えられ、チャンネル管理コマンドが実行できるようになります。

topic

/msg chanserv topic#channel[topic]

Display/set the channel topic.
チャンネルトピックを表示/設定します。

unban

/msg chanserv unban#channelnick

Remove channel ban against nick, allowing him/her to join the channel again.
nickに対するチャンネル入室禁止を解除します。 そのユーザーは再びチャンネルに入室できるようになります。

unmuzzle

/msg chanserv unmuzzle#channelnick

Allow a previously muzzled user to send messages to the channel.
発言を禁止されていたユーザーがチャンネルへメッセージを送ることを許可します。

unvoice

/msg chanserv unvoice#channelnick

Remove the ability to speak in a +MODERATED channel.
+MODERATEDチャンネルで発言する権限を取り上げます。

voice

/msg chanserv voice#channelnick

Give the ability for a user to speak in a +MODERATED channel
+MODERATEDチャンネルで発言する権限をユーザーに与えます。

wallop

/msg chanserv wallop#channeltext

Send a message to all channel operators on the channel (that is not seen by other users in the channel).
そのチャンネルのすべてのチャンネルオペレーターにメッセージを送ります。 そのチャンネルのほかのユーザーには見えません。

NickServ

NickServ is a pseudo-user which provides access to registered user accounts. You can /msg (or /tell) it with the following commands.
NickServ は登録済みユーザーのアカウントへのアクセスを提供する擬似ユーザーです。 NickServには以下のコマンドを使って/msgまたは/tellできます。

ghost

/msg nickserv ghostuser password

This command allows you to kill a ghost which is holding your nickame so that you can log in again. user is the nick which is ghosting, and password is the password for that account.
あなたのニックネームを保持するghostを切断し、 あなたが再びログインできるようにします。userはghostになっているニックネームで、 passwordはそのアカウントのパスワードです。

register

/msg nickserv registerpassword

Allows a user to register a nickname that has not been previously registered, such that no other user may use the nickname without the corresponding password.
未登録のニックネームを登録します。これによって、 ほかのユーザーは正しいパスワードがないとこのニックネームを使えなくなります。

usermode

/msg nickserv usermode[flags]

See usermode.
usermodeを参照してください。

OperServ

OperServ is a pseudo-user which allows mods+ level users to execute server administration command. This is primarily intended for those clients which do not have built in support for these commands, but there is no restriction on its use.
OperServ は、mods+レベルのユーザーが サーバー管理コマンドを実行できるようにする擬似ユーザーです。 これはもともとこれらのコマンドをサポートしないクライアントのためのものでしたが、 使用に際してとくに制限はありません。

cloak

/msg operserv cloak

Toggles invisibility to normal users. When cloaked, normal users do not see your real nickname when you perform actions such as kill, ban, etc. Instead, it will display Operator. Other mods+ users still see the real nickname.
ふつうのユーザーから見えない/見えるという設定を切り替えます。 cloakしているときは、kill,banなどのアクションを起こしたときに あなたの本当のニックネームがユーザーに表示されません。かわりに、Operatorと表示します。 他のmods+にはcloak中もあなたの本当のニックネームが見えます。

config

/msg operserv configvar [value]

Display/set a server configuration variable. When value is missing, OpenNap-NG displays the value of var. If value is specified, it sets the configuration variable.
サーバー設定変数を表示/設定します。 valueが指定されないときは、OpenNap-NGはvarの値を表示します。 valueが指定されたときは設定変数を設定します。

connect

/msg operserv connectserver [remote_server]

Links the server running on server. If remote_server is specified, it tries to make a connection from remote_server to server instead of from the local server.
serverで動いているサーバーをリンクします。 remote_serverが指定されたときは、ローカルのサーバーのかわりに remote_serverからserverへ接続しようとします。

disconnect

/msg operserv connectserver

De-links a server from the cluster.
サーバー群からサーバーを切り離します。

killserver

/msg operserv killserverserver

Causes the specified server to shut down (terminates the OpenNap-NG process).
指定したサーバーをシャットダウンします。OpenNap-NGプロセスを停止するという意味です。PCの電源がOFFになったりはしません。

links

/msg operserv links

Display a list of all linked servers.
リンクしているサーバーの一覧を表示します。

reconfig

/msg operserv reconfigvar

Resets the configuration variable var to its default value.
configuration変数varを標準の値にリセットします。

rehash

/msg operserv rehash[server]

Causes the server to reload its configuration files.
サーバーに設定ファイルを再読み込みさせます。

server

/msg operserv servernick

Displays which server a particular user is logged in through.
指定したユーザーについて、どのサーバーにログインしているかを表示します。

stats

/msg operserv statsserver

Displays stats about the server (uptime, bytes send/recv'd, etc).
サーバーの統計を表示します。起動時間や送信/受信バイト数などが表示されます。

userflags

/msg operserv userflags Nick FLAG

change userflags of a user. Flags can be Friend or None.
ユーザーのフラッグを変更します。フラッグはFriendまたはNoneです。

usermode

/msg operserv usermode[mode [mode ...]]

Toggles the various server messages. Each message the server sends to mods+ is given a type so that if you don't want to see a particular type of message, you can simply turn it off and still see the other messages.
いろいろなサーバーメッセージの表示/非表示を切り替えます。 サーバーからmods+に送られるメッセージには、それぞれタイプが与えられます。 特定のタイプのメッセージを表示したくないときは、そのタイプをOFFにすればOKです。

To stop messages of a particular type, simply prefix the mode with a minus-sign (-). If you wish to only see a particular subset of messages, specify the ones you want with no prefix. You can also use the keyword ALL in conjunction with -<MODE> if you want "all but..."
特定のタイプのメッセージだけを停止したいときは、モードの前にマイナス記号(-)をつけます。 特定のタイプのメッセージだけを表示したいときは、なにもつけずにモードを指定します。 "ALL"というキーワードを-<MODE>といっしょに使えば 「〜以外すべて」という指定ができます。

whowas

/msg operserv whowas nick

Displays information about a user that has recently logged out. Information is kept cached for who_was_time seconds.
現在ログアウト中のユーザーの情報を表示します。 情報はwho_was_time秒の間だけキャッシュされます。


Getting Help
助けてほしいときは

If after reading this manual thoroughly you are not able to get something working, there are a number of options available for getting help.
もしこのマニュアルを全部読んでうまくいかないことがあっても、 支援を得るための選択肢はたくさんあります。

Web Forums
ウェブフォーラム

Mailing Lists
メーリングリスト


Glossary
用語

Admin

An admin is a special user level which allows you to execute all of the moderator functions, plus the following:
adminは特別なユーザーレベルで、 すべてのmoderatorコマンドに加えて、次のコマンドを実行できます。

Channel Operator

A channel operator, also known as a chanop or just op, is a user that is allowed to administer a chat channel. See ChanServ for a list of available commands. Channel operators have no special privileges outside of the channel they are opped in.
チャンネルオペレーター、もしくはchanopopとも呼ばれます。 チャットチャンネルを管理することができるユーザーです。 ChanServで実行できるコマンドの一覧が見れます。 チャンネルオペレーターは、権限を与えられているチャンネルの外では特別な権限はありません。

Channel operator status is given either when a user is the first user to join a chat channel, or another channel operator makes a user a channel operator using the op command. All channel operators are equivalent, meaning that if you op a user, they can immediately deop you (remove your channel operator privilege).
チャンネルオペレーターの地位になるのは、 ユーザーが無人のチャンネルに入室したときか、 または他のチャンネルオペレーターがユーザーをopコマンドでオペレーターに任命したときです。 すべてのチャンネルオペレーターは同等なので注意してください。つまり、あなたがユーザーをopすると、 すぐにあなたがdeop(チャンネル管理権限の剥奪)される可能性があるということです。

Note that being a channel operator is not a user level. Most channel operators are only normal users.
チャンネルオペレーターはユーザーレベルではありません。 ほとんどのチャンネルオペレーターはふつうのUserです。

CVS

To get the newes CVS try this:
新しいCVSを手に入れたいときは次のようにしてみてください: for updating only type in the opennap-ng directory
アップデートしたいときはopennap-ngディレクトリで次のようにタイプすればOKです。

Elite

An elite user is generally a server owner (the person who actually runs the OpenNap-NG software on their computer). They can basically do whatever they want. Don't step on their toes, these are the people providing you the service!
eliteのユーザーはサーバー所有者(PC上でOpenNap-NGソフトウェアを実際に動かしている人)です。 彼らは基本的になんでも好きなことをできます。 失礼のないようにしてください。彼らはあなたにサービスを提供している人です!

Friend

A Friend User is a user that can join the network at any time. So be very careful with this status. With /msg operserv userflags USERNAME Friend you can give this status to any user. Important: For the Friend Flag the user must be a registered user at your network.
Friend Userはいつでもネットワークに入場できます。ですからこの地位には十分に注意してください。 /msg operserv userflags USERNAME Friendで誰にでもこの地位を与えることができます。 重要:ネットワークに登録済みのユーザーでなければFriendにできません。

Ghost

A ghost is when a client gets disconnected from the server but the server doesn't realize it so it thinks you are still logged in. When this happens, the server will kill your ghost if you come back from the same ip address. However, if you are using a dialup this will likely not be the case. You can use the ghost command via NickServ to kill your ghost.
ghostは、クライアントがサーバーから切断されてもサーバーがそれを認識せず、 まだログイン中だとカンチガイしている状態です。 あなたが同じIPから戻ってくればサーバーがあなたのghostを切断しますが、 あなたがダイアルアップで接続してる場合はIPが違ってしまうことのほうが多いです。 NickServからghostコマンドを実行すれば 自分のghostを切断できます。

Leech

Leech is a term for someone who is a freeloader. This user level is given to those users which are misbehaving in some way. When you are leeched, you can not do the following things:
Leechはただでダウンロードしようとする人のことです。 このユーザーレベルはマナーの悪いユーザーに与えられます。 Leechにされると、次のことができなくなります:

Moderator

A moderator, or "mod" for short, has the ability to execute some of the administrative functions on the server. A moderator can:
moderator、または略して"mod"と呼びます。 サーバーの管理コマンドを一部実行することができます。 できること: In addition, moderators have the ability to execute all ChanServ functions to adminster chat channels.
さらに、moderatorはチャットチャンネルを管理するすべての ChanServコマンドを実行できます。

Mods+

All users which have level of Moderator or higher.
レベルModerator以上のすべてのユーザーです。

Motd

Message Of The Day. This is the text the server sends to your client when you first log in.
Message Of The Day(その日のメッセージ)の略。 これはサーバーがあなたのログイン時にクライアントに送るテキストです。

(Server) Split

Term used to describe when two linked servers become disconnected from one another (you can generally tell when this happens because if you are in a chat channel you will see a bunch of users leave at the same time).
2つのリンクされたサーバーがおたがいに接続を切断されたときにその状態を表す用語です。 (チャットに入室してると、これが起こったとき何人かのユーザーが同時に退室するのでわかります。)

Sping

A term meaning server ping, or how long it takes a server to see your data and respond.
server pingを意味する用語です。 もしくはサーバーがあなたのデータを受け取って応答するまでにかかる時間を意味します。

User

A user is a plain-old-joe. This is what the vast majority of users are. It gives you access to create channels and chat.
userはただのふつうのユーザーです。 ほとんどのユーザーはこれです。チャンネルを作ったりチャットしたりできます。

(User) Level

Each user on a OpenNap-NG server has a level associated with them that tells the server which commands it may execute. When you first log into a server, you start out at level User. In addition, the following user levels are also defined:
OpenNap-NGサーバー上の各ユーザーはそれぞれレベルがつけられていて、 これによってユーザーが実行してよいコマンドをサーバーに知らせています。はじめにサーバーにログインするときは Userレベルになります。ほかにも以下のユーザーレベルが定義されています。
Last updated Juni 06, 2002.